2010年12月06日

自動車事故の責任

自動車事故を起こした人には、法律上3つの責任が発生するとされています。

1つ目は刑事上の責任です。

ニュースなどでよく聞かれる「業務上過失致死傷害」などの言葉は、まさに自動車事故における刑事上の責任を言うものです。

最近では飲酒運転などが該当する「危険運転致死傷罪」も新しく設けられ、悪質な自動車事故への対応はますます厳しくなっています。

2つ目は行政上の責任です。違反者に対しての点数制度などがこれにあたり、一定以上の点数がたまると、運転者は免許の停止や取り消しなどの処分を受けます。

3つ目は民事上の責任です。自動車事故で被害者に与えた損害をどのように賠償するかという、損害賠償責任のことを言います。

大きな自動車事故では、一生涯責任を負わなければならないケースもあります。

posted by ばる64 at 13:52| Comment(12) | 自動車保険の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車保険とは

自動車保険とは、文字通り自動車に関するトラブルの保障をしてくれる保険のこと!

自動車保険には様々な種類の保障があります。

例えば交通事故で他人を怪我させてしまったり、死亡させてしまった場合、相手方から賠償金を請求された時に適用される自動車保険は、対人保険と呼ばれます。

その他にも、他人の車や物などに損害を与えた場合に適用される対物補償保険や、車に搭乗中がいる状態で事故を起こし、搭乗者が死亡または傷害を負った場合に適用される搭乗者傷害保険があります。

また、単独事故や相手の過失がゼロである交通事故において、運転手本人が怪我、死亡をした場合に適用される自損事故保険などがあります。

最近では更に様々なケースの補償を請け負う自動車保険も増え、中には事故の際の示談交渉も保証する保険会社もあるようです。

posted by ばる64 at 13:40| Comment(0) | 自動車保険の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。